never been

本の感想

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ドーン(平野啓一郎)
平野 啓一郎
講談社
¥ 1,890
(2009-07-10)
コメント:愛はやり直せる2033年、人類で初めて火星に降り立った宇宙飛行士・佐野明日人。しかし、宇宙船「DAWN(ドーン)」の中ではある事件が起きていた。世界的英雄となった明日人を巻き込む人類史を揺るがす秘密とは?講談社創業100周年記念出版

はじめての平野啓一郎です。というかすごく久しぶりにこのページを更新します。
ドーン、手に取ったきっかけは宇宙兄弟の帯で紹介されていたから、しかもタイミングよく図書館にあったから、表紙の写真が気に入ったから、なんですが。
うん、この人ほんとに頭がいいんだろうなと読みながら思いました。小難しい話を、簡単な言葉で言える人というのはほんとに賢いんだと思います。にしてもセリフ長いよね。
ただ、残念ながら、共感できない。主人公はアストでいいんですよね?驚くほどアストに共感できない。
というかアストがどういう人間なのかがまったくつかめない。それは作者の狙いかもしれないけれど、読んでる間イライラすること請け合いです。
唯一わかるかな?と思うのはディーンと今日子です。
今日子もまぁ途中で微妙にあやふやになっちゃったけど。
最初は登場人物の名前を追うだけで精いっぱいでしたが、だんだん淘汰されるのでなれた。
うん、いろいろ詰め込んだわりにはきれいに終わってるからいいんだろうけれど、どっかでごまかされた感が残るのはなぜだろう。
| 作家:ハ行 | 09:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 09:20 | - | - |









http://neverbeen.jugem.jp/trackback/380