never been

本の感想

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
償い (矢口敦子)
36歳の医師・日高は子供の病死と妻の自殺で絶望し、ホームレスになった。流れ着いた郊外の街で、社会的弱者を狙った連続殺人事件が起き、日高はある刑事の依頼で「探偵」となる。やがて彼は、かつて自分が命を救った15歳の少年が犯人ではないかと疑い始めるが…。絶望を抱えて生きる二人の魂が救われることはあるのか?感動の長篇ミステリ。

うん。面白くなくはないけれど、このところどころ都合よく運んじゃう感じの展開ってどうしたんだろうと。
以下、結末に触れまくってます。
この少年が犯人だったほうがおもしろかったんじゃないかな。というよりもこの少年が犯人でしかもこの子視点の小説とかあったらすっごく面白いと思う、んだけどそうじゃなかったから軽くがっかり。
| 作家:ヤ・ワ行 | 02:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 02:40 | - | - |









http://neverbeen.jugem.jp/trackback/373